入ってると良くない成分

入ってると良くない成分

入ってると良くない成分

入っていると良くない(毒性があるなど)と聞く成分に

 

*PG(プロピレングリコール)
や、
*エデト酸塩

 

というのをよく聞くのですが、

 

成分表記【EDTA-4Na】
と書かれているのはエデト酸塩のことでしょうか?

 

よく配合成分の中に見かけるので心配です‥

 

そもそも、良くないとされるものをなぜ入れる必要があるのですか?

 

入っていると良くないと思われる成分は沢山あります。
私は基本的に肌も髪も界面活性剤を受け付けない体質なので常に気をつけてますが、
まずはネット等でも「化粧品毒性成分」とか「化粧品成分判定」とかで検索すると、
まとめサイトがいくつかヒットしますよ。

 

あたしは、石油系界面活性剤が入っているのは怖くて使えません
発ガン性があり、奇形児が生まれてしまう原因にもなるそうです

 

成分表には色んな記載の仕方がありますが、
ラウリル硫酸Naが多いかな
ラウリンとかラウレスとかも。

 

あとは、保存料であるパラベンですかね

 

現在お使いの製品に含まれているのだとすれば、
その製品を販売しているメーカーに問い合わせてみると親切に教えてくれますよ。
ネット上には正しい情報もそうでない情報もありますから、
ご自身でお調べになる時はくれぐれもご注意下さい。
伝聞、経験談には特に注意が必要かと思います。

 

メチルパラベンは1%くらいなら影響ないと聞きましたよ。

 

毒性は関係ありませんがシャンプーにシリコンはどうかと思います。

 

シリコンで代表的なのはジメチコンやシクロメチコンです。
シリコンが入っているのはたしかに髪がサラサラに感じやすいですが
コーティング剤なので地肌につくのはあまりよくないかも…(毛穴につまりやすい)
場合によっては髪に残留して不自然なツヤ(テカリ?)や重さ、
パーマ剤の浸透を妨げたりします。

 

シリコンが使われてるシャンプーを使ってる方は見た目や触った感じでわかるときがあります。
僕はやっぱり髪や地肌に負担のかけにくいアミノ酸系のシャンプーがオススメです。
トリートメントやアウトバストリートメントに入っていて
シャンプーで落とせる程度のシリコンならコーティングして手触り感も良く僕も結構好きです。

 

結局は自分の肌、髪で確かめるしかないのです。
私は今まで散々界面活性剤の強い洗浄力のあるシャンプー、
洗顔料を使っていたため肌あれが改善されるどころか悪くなる一方でした・・・

 

私の場合はあくまで、強い洗浄力があったり、
毒性があるといわれる界面活性剤がだめだったみたいで
肌に合わないと感じた商品の成分を見ていたらそういう特徴があったんですね。私の場合。

 

界面活性剤でも比較的マイルドなものもありますし、
自分は今はそういう成分のシャンプーを使っています
なので、まずは成分的に安心だと思われるものと従来のものを実際に使い比べるなどしないと
本当に合った者を探すのは難しいと思います。

 

私もそうしてきてようやく頭皮がかゆくならないシャンプーを見つけました


ホーム RSS購読 サイトマップ