シャンプーを選ぶときどうしてる?

シャンプーを選ぶときどうしてる?

シャンプーを選ぶときどうしてる?《シャンプー選びのポイント》

あなたはどんなシャンプーを使用していますか?
価格や匂い、ブランド(知名度)だけで選んでいませんか?

 

そんな方は要注意!

 

市販されている商品の多くにはたくさんの石油合成系界面活性剤という成分が含まれています

 

とはいえ、頭を洗わないわけにはいきませんよね?
それでは、どのようなシャンプーを選べばよいのか・・・

 

頭皮への害がない、あるいは少ない商品を選ぶポイントは!

 

まず避けたいのは、髪の手触りや質感をアピールしているもの!

こういったシャンプーは、石油合成系界面活性剤を多く含んでいることが多いのです
頭皮への害が大きいので、できるだけ避けましょう。

 

天然成分からなるものを使用するのが頭皮にやさしい

ただ、天然素材の石鹸は髪の手触りが悪くなることもあるので注意が必要です。

 

pH値が弱酸性のものを選びましょう!

ヒトの頭皮はおおよそpH4.5〜6.0の弱酸性です。
アルカリ性のものを使用することによって、このpHバランスが崩れると
頭皮がトラブルを起こしやすい環境になってしまいます。

 

こういったポイントに注意して、頭皮への害がない、
あるいは少ないシャンプー選びをしてみてはどうですか?

 

私は天然成分にこだわってます!辿り着いたシャンプーはすごく高いのですが…もう手放せないです

 

『ラウレス硫酸』は『ラウリル硫酸』の刺激性を緩和したものです
石油から合成されていたのは一昔前で、現在は植物成分からの合成がほとんどだそうです。

 

『ラウリル硫酸』は泡立ちが良く適度な洗浄性があります
が刺激性が若干あるため、痒みを感じる場合があります

 

でも、何が一番大切かと言ったら、『よく洗いよくすすぎ』だそうです

 

天然素材・・クレイで、洗うと良いんですよね〜


ホーム RSS購読 サイトマップ